0476-42-0648

いんざい歯科医院

一般歯科

定期検診の大切さ―むし歯
当院で歯みがき指導を受けられた後、定期検診で来院されているほとんどの方は口腔内の手入れをしっかりされています。 それでもみがきにくいところがあったり、みがきすぎで歯や歯茎が傷んだりしているときがあります。 なかには新たなむし歯を見つけることもあります。 このようなことについて定期検診の時に説明、指導、処置させていただきます

定期検診の大切さ―歯周病
歯周病は手入れを怠ると再発することが多い疾患です。 歯周病治療後は患者様の自己管理に加え症状の確認、再度の歯みがき指導は大切です。 全身疾患との関わりもありますので定期検診で管理していくことは重要なことと思います。

予防すれば、多くの問題は防ぐことができます。北欧のある国では、歯に何ら問題がなくても定期的な歯科受診を義務づけ 口腔内の診察と歯のクリーニングをして、むし歯や歯周病の原因除去を行っています。
当院でもむし歯や歯周病を予防するために受診される方が最近は増えています。 安定した状態だからこそ、それを維持していくために定期検診を受ける意味があります。

定期検診では口腔内のクリーニングとブラッシング指導を行い、むし歯を作らないようにし歯周病菌のコントロールをします。 歯が白くなり、歯ぐきも健康的なピンク色になりますから、笑顔の印象も自然と良くなります。

痛くもないのにわざわざ歯科医院へ出向いて「定期検診」を受けることは煩わしい、どなたも最初は感じられることです。 でも、長い目で見れば定期検診を繰り返し受けている方は歯周病やむし歯になる可能性が低くなります。 そして、良い口腔清掃の習慣が備わりいつも清潔な口腔環境を保てます。 これは本当の意味で御自分を大切にするということであり、健康状態を保つ方法の一つです。

当院では、歯科治療を終了した方に対して、おもに3〜6か月ごとに定期検診を行っています。 内容は、口腔内の検査を行い何か問題があれば治療を行います。 安定した状態を維持されている方には、ブラッシングの補足説明、PMTCを施行し今の状態が長く続くようサポートさせていただきます。

MI(できるだけ削らない治療)
MIとは?
「MI」というのは、Minimal Intervention(ミニマル・インターベンション:最小限の侵襲)の略で、「歯を削る量をできる限り少なくして、今ある歯をできるだけ残す」という考え方のことです。

当院の考えるMI治療
歯科医として一番大事なのは、患者様の歯を守ることです。 一度歯を削ってしまうと、二度と再生することはありません。また、自分の天然の歯に勝るものはありません。

  1. むし歯にならないように、きちんと予防をすること
  2. むし歯ができれば早期に処置し、削る範囲の少ない治療をすること
  3. 治療した歯やお口全体の健康を保つためにメンテナンスをすること

この3つが大切だと考えています。
多くの歯科医院で通常行う治療は、むし歯、歯周病の治療、義歯作成です。 当院でもほとんどの方が、これらの治療のため受診されています。 これら一般歯科はほとんどのことが保険診療で処置でき、歯科治療の最も基本的な内容です。 当院では一般歯科治療を重要視し適切な処置が行えるよう心がけております。

いんざい歯科医院