0476-42-0648

いんざい歯科医院

審美歯科

審美歯科とは
本来審美歯科の目的は「歯の機能回復」で、「セラミック治療」「ホワイトニング」「矯正治療」などさまざまな治療法が含まれます。 噛み合わせや歯並びの悪さによって起こる症状を回復し、その結果として歯並びを整え、歯を美しくするということにたどり着くのです。 ご自分の歯を長持ちさせる為にも、整った歯並びや正しい噛み合わせを手に入れることが重要です。

セラミック治療
歯の詰め物や被せ物など、保険範囲内では金属やレジンという素材で治療されますが、どうしても口をあけたときにギラギラして見えてしまったり、特に前歯などは白い樹脂を使用したところで、どうやっても不自然な色になってしまいます。 そういった場合に、お勧めが「セラミック治療」です。 他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現でき、驚くほど自然な感じに仕上がります。

セラミッククラウン
歯の全面にセラミック製のクラウン(冠)をかぶせ、しっかりと固定する方法です。 削った歯の型をとり、その歯型によってセラミックで製作したクラウンを合わせて、歯の色や形、歯並びなどの審美的要素をバランス良く修復し改善するものです。 セラミックの持つ特殊な材質を十分に生かし、本来の健康な歯と同じかそれ以上の色や形を再現しますので、きわめて審美的効果が高い方法と言えます。 この治療の適応性は、位置がずれている歯、変色している歯、重度の虫歯、奇形歯、金属アレルギーの人などです。 この治療の利点は、金属を全く使用しないので、金属アレルギーの方にも安心して受けることが出来ること。 そして自然歯のような仕上がりになる事も上げられます。 欠点としては、歯を大幅に削る必要があったり、あらかじめ神経の処置が必要になる場合があります。


治療前                    治療後


ハイブリットセラミックス
ハイブリッドセラミックスとは、ファインセラミックスに微量のレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた新素材です。天然歯に近い色調を再現できるので審美性に優れている他、従来のレジンよりも強度があるため、前歯だけでなく奥歯にも使用でき、歯とほぼ同じ硬さで、噛み合わせも自然です。
また、金属アレルギーの方にも安心して使用できます。

[ハイブリットインレー・ハイブリットクラウンを使用した治療]

治療前            前歯部ジャケット冠 治療後




いんざい歯科医院