0476-42-0648

いんざい歯科医院


年齢にあわせた上手な歯ミガキ

虫歯から歯を守る年齢に適した歯みがき
幼児期の子育ては大変ですが、この時期は成長にあった歯みがきが必要です。 スキンシップのつもりできちんと虫歯から歯を守ってあげましょう。

  • 乳児期〜
    授乳の影響で舌に白っぽいカスがたまることがあるので、水やぬるま湯で濡らした布で軽く拭き取ってあげてください。
  • 生後7・8ヶ月〜
    可愛らしい前歯が生えてきます。 前歯の汚れを布やガーゼで軽く拭き取ってあげてください。
  • 1歳〜
    そろそろ歯ブラシを使って仕上げみがきをしてあげましょう。 奥歯も生えてくるので、忘れずに磨いてあげてください。
  • 3歳〜
    自分で磨く練習を始める時期です。 習慣化が目的なので上手い下手は関係ありません。 手伝ってあげることと、仕上げみがきをきちんとしましょう。
  • 5歳〜
    5歳くらいから1日3回磨き(朝・昼・晩)を習慣づけましょう。 仕上げみがきで、磨き残しチェックをきちんとしましょう。
  • 6歳臼歯が生えてきたら〜
    強く大きな6歳臼歯(奥歯の永久歯)が生えてきます。 6歳臼歯は食べカスが溜まりやすく虫歯になりやすいので、意識して磨くようにしましょう。 仕上げみがきもきちんとしてあげてください。

写真







←小児歯科TOPに戻る

いんざい歯科医院