0476-42-0648

いんざい歯科医院

入れ歯・義歯

良い入れ歯を作るためには・・・
誰でも義歯(入れ歯)にはなりたくないものです。しかし入れ歯を使わないと治せない場合もあります。義歯(入れ歯)は見た目が悪い、義歯(入れ歯)は痛くて噛めない、義歯(入れ歯)は硬いものは噛めないとか、義歯(入れ歯)の評判は世間的に良くはありません。

写真 しかし、お口全体の治療計画をしっかり立てて、その適応症にあった義歯(入れ歯)を選択して作ると、 入れ歯でも審美性が優れ、しっかりと噛めるようになります。 事前にしっかりした治療計画を立てることにより今までの入れ歯より優れた入れ歯が手に入れることが出来ます。そのために患者さんとのコミュニケーションが大切になってきます。

総入れ歯について
総入れ歯 ( 総義歯 ) は、少し抵抗があるかもしれませんが、現在の総入れ歯は大変精巧なものになっており、しっかり噛めて話しやすくなります。総入れ歯(総義歯)が痛い、はずれやすい、しゃべりにくい、安定しないなどのお悩みがありましたら、現在使用している総入れ歯が合ってない可能性があります。当院ではひとりひとりに合った総入れ歯を作ることにより、快適に噛める入れ歯を皆様にご提供できるように努めております。総入れ歯でお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

部分入れ歯について
部分入れ歯は、残った歯と部分入れ歯により、歯がもっている本来の機能を回復するように設計され、高度の技術を持った歯科医師と歯科技工士により作製されます。部分入れ歯で重要なことは、残すことができる歯をしっかり守り続けることです。つまり、残っているご自分の歯が重要なのです。部分入れ歯自体は、たとえ残っている歯が失われても、修理をして継続して使えるように、あらかじめ設計・作製をしていますが、部分入れ歯の性能(安定性、咀嚼能力、見た目、はずれにくさ)は、歯を失うごとに低下していきます。 残っている歯が悪くなり、だめになったことにより、いろいろな悩みを抱えている方が多く来院されます。部分入れ歯の治療では、残された歯をいかに健康に保てるかが最も重要な課題となります。

ノンクラスプデンチャー(入れ歯なのに入れ歯と気づかれない!?)
ノンクラスプデンチャー 入れ歯はバネが見えるから嫌だ、歯を削りたくないのでブリッジにはしたくない、インプラント(人工歯根)の手術はしたくない等の患者さんに最適の入れ歯がノンクラスプデンチャーです。 新素材を使い新発想により出来ているので、入れ歯とは気づかれず、お口にぴったりと密着し快適です。もちろんお食事も美味しくいただけます。 当院では、、多くの患者さんにノンクラスプデンチャーを作製し好評です。


金属床義歯
ノンクラスプデンチャー 金属床義歯とは、入れ歯の主要部分を金属で作った入れ歯です。レジン(プラスチック)に比べて丈夫な素材である金属を使うため、快適で、たわまず、丈夫な入れ歯を作ることが可能になります。金属ならではの薄い仕上げは違和感を少なくし、お口の中を広く感じさせ、熱の伝わりの良さで一層おいしく食事を楽しむことができます。


  1. ほとんどの症例で使用することができる。
  2. 入れ歯を薄くすることができるので、保険の総入れ歯よりもしゃべりやすくなり、違和感が少なくする入れ歯を作ることが可能になる。
  3. 金属は熱伝導性に優れているため、食事をした際の温度感覚が自然に近くなる。
  4. 汚れが付きにくいので清潔である。
  5. 保険のものよりもピッタリと合った適合のよい入れ歯ができる可能性が高い。
  6. 割れにくく、変形しにくい。

ノンクラスプデンチャーと金属床義歯は、保険外診療(自費診療)に なります。費用等、ご質問はスタッフまでお願いします。

写真

いんざい歯科医院